忍者ブログ

[PR]

2017年09月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

デバックのときだけコンソールに出力する(for Apple LLVM compiler)

2013年01月31日
以前に『デバックのときだけコンソールに出力する』という記事を書きました。その記事を書いたときはXcodeの標準コンパイラがGCCでしたが、今はコンパイラがApple LLVM compilerに変わっています。現状でもこの方法が使えるのか気になったので少し調べてみましたが、結論から言うと何も細かい設定をせずメソッドファイルに以下を追加するだけで使えます。

#ifdef DEBUG

#define NSLog_for_DEBUG NSLog

#else

#define NSLog_for_DEBUG //

#endif


理由はプロジェクトのBuild SettingsタブにあるPreprocessingセクションにあるPreprosessor Macrosの項目で、もとからDEBUG=1という設定がされているためです。そのため何もせずにメソッドに上記を追加しておいて、NSLogをNSLog_for_DEBUGに置換すれば、その出力に関してはデバックの時だけログ出力するようになります。以前のコンパイラの頃に使っていたプロジェクトファイルを変換した場合でもこの設定になると思われますので、その場合も特に問題なく使えると思います。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字