忍者ブログ

[PR]

2017年07月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ローカライズ用のフォルダ名

2009年03月25日
XcodeでLocalizable.stringsの情報を見るとローカリゼーションを追加というボタンがあります。
英語、日本語、フランス語、ドイツ語についてはボタンを押した後に選択肢があるので簡単に追加できます。今回の1.7.0へのバージョンアップでKigenの内部表示くらいは機械翻訳でもいいからフランス語やドイツ語にも対応させようと思い、某翻訳サイトを覗いてみると、イタリア語やスペイン語も翻訳できるタブがありました。イタリアの有料版ユーザーもいることだし、このあたりも対応させてみようかとは思ってはみたものの、選択で追加できないものはどんな名前を付ければ認識してもらえるのだろうという疑問が発生しました。まあとりあえず駄目もとで試してみるかと、イタリア語はItalian、スペイン語はSpanishで追加をしてみたところ、あっさり認識されました。全部の言語が英語での言語名で認識してくれるのかはわかりませんが、少なくともイタリア語とスペイン語については実機でも動いたため、これで問題無いようです。

LiteSSEN02.jpgLiteSSFR02.jpgLiteSSGE02.jpgLiteSSIT02.jpgLiteSSSP02.jpg
PR
Comment
一部文字色の変更
いつも分かりやすい説明、ありがとうございます。
UITextViewで一部の文字を指定して、その文字の色だけを変更することが可能でしょうか?
その方法を教えて下さい。
お願いします。
Re:一部文字色の変更
loveRx8様

コメントありがとうございます。ご質問の件ですが、残念ながらUITextViewでは一部の文字だけ色を変えるという事はできません。連続した文字列なのだが一部の文字列だけ色を変えたいという用途なら、UIWebViewを使ってみてはいかがでしょうか。本ブログのカテゴリーUIWebViewにある「HTML5をUIWebViewで表示させる」にある方法でリソース内のHTMLファイルを表示させる事が可能なのですが、このソース内にあるloadHTMLString:baseURL:メソッドを使えば任意のNSStringオブジェクトをUIWebViewで表示出来ます。HTMLのスタイル設定で文字の色を変えてあげるようにすれば、部分的に色を変える事はできます。余談にはなりますがAbyss Questのテキストウインドウはその方法で作っていたりします。ただし、ここまでで出来ると書いたのはあくまで「部分的に文字の色を変えて文字列を表示する」という部分だけなので、さらにアプリケーション中で選択範囲を指定させられるようにするにはいろいろと手間がかかり、知恵を絞る必要があると思われます。
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: