忍者ブログ

[PR]

2018年04月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

実機でのローカライズに失敗する場合

2009年01月04日
以前の記事で文字列のローカライズについて書きましたが、あれだけでは不完全でうまく動かない場合があります。これは自分がはまっていた問題なのですが、シミュレーターでは日本語表示されるのに、なぜか実機では英語で表示されるという、何とも中途半端な問題が発生することがあります。この問題の解決方法がようやく見つかりました。

解決方法
  1. Xcode左側のリストのリソース項目に追加した日本語用のローカライズファイルを選択します。
  2. ウインドウ上のタイトルバー近くにある情報アイコンを押します。
  3. ウインドウが開くので中央付近の「エンコーディング」から「Unicode (UTF-16)」を選択します。
  4. さらにウインドウが開くので「変換」のボタンを押します。
  5. Xcodeのメニューで「ビルド」>「すべてのターゲットをクリーニング」を選びます。
  6. あとはいつも通り「ビルドして進行」させます。

これで実機でも日本語表示が行えるようになります。なぜか実機ではローカライズがうまくいかないという場合はお試しあれ。

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: