忍者ブログ

[PR]

2017年12月17日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

データベースファイルの作成方法 その2 テーブルの作成

2008年11月22日
 前回は何もしていないので、今度はテーブルを作成します。

  1. 前回同様にターミナルを起動します。
  2. 今度はsqlite3 test.sqlと入力してEnterを押します。test.sqlを作りたいことが伝わります。
  3. create table namae(pk int primary key, name char);と入力してEnterを押します。これでnamaeという名称のテーブルが作られます。pk int primary keyで、テーブルに行ごとに別の整数を持つpkという名称の列を作ること、name charでnameという名称の文字列を格納する列を作ることを指示しています。データの型には他に浮動小数点型のrealなどがあります。
  4. 確認のため、.tableと入力してEnterを押します。namaeと表示されていれば、テーブルが作られています。
  5. 次に.schema namaeと入力してEnterを押します。namaeテーブルを作成した時の命令が表示されます。これでテーブル内の列にどのようなデータ型を指定したか確認できます。
  6. 今回はここまで、ということで.quitと入力しEnterを押します。

ファイルはホームに作られています。Finderで確認してみてください。ファイルはテーブルを作った時点で作成されます。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: